大規模な改良工事を行うリノベーション

リノベーションという言葉を聞いたことがある人は多いと思います。テレビなどでリノベーションについて特集されることも多く、多くの方が耳にする機会が増えたという理由もあります。また、新築のマンションや住宅を購入するよりも、中古物件を購入しリノベーションをする方が良いという方が増えているのも現状です。しかしリノベーションがどういったものであるか、正確にわかっている人はどれくらいいるのでしょう。リノベーションは、中古物件の機能や性能を向上させる工事です。例えば、中古物件の耐震性を高める壁工事を行うことや、家族構成の変化から壁の撤去を行ったり作ったりするなどが当たります。その為、簡単にできる工事ではなく、大規模な改良工事を行う必要もあるということを理解しておく必要があります。

リノベーションのメリットはどんなところ?

建売で販売されている新築の家屋やマンションは、既に決められた間取りであったり、似たような建具が使われていたりと、自分好みの家が絶対に入手できるわけではありません。しかし、リノベーションであれば自分の希望するお家を造ることも可能です。例えば、元々間仕切りが細かい間取りであったとしても、耐久性や耐震性などに問題がなければ、壁を撤去して広い部屋に変えることも可能になります。また条件によっては、新築での住宅購入より価格が抑えられます。予算内に抑えたい住宅購入を考えているならば、リノベーションも視野に入れて、中古物件を探すのもいいでしょう。その他に、住宅を探す際の選択肢も広がるメリットがあります。一定の地域で住宅を探す場合、その地域で新築だけを探すよりも、既存の住宅を中古で購入することもプラスすれば、見つかる可能性も高くなります。

リノベーションをするなら資金計画もしっかりと!

中古物件を購入してリノベーションを施す方が、新築物件を購入するよりも安くなるとは必ずしも言えることではありません。リノベーションは、物件を購入してから行われます。その為、購入した後に耐震性や耐久性の大幅な工事が必要とされた場合、予算が大幅に超えてしまう可能性もあります。また、工事着工が購入後ということは、住めるようになるまで時間がかかるということです。その間、どこか別の場所で暮らしていかなければならないので、その分の費用もかかることになります。また、リノベーションは住宅ローンの中に含まれないため、住宅ローンとは別に予算を立てておく必要があります。これらから、中古物件を購入してリノベーションを行う場合は、予算の内どれくらいを住宅購入費に充てるか、どれくらいをリノベーション費用に回せるか、完成までの期間の生活費がどれくらい必要かなど、資金計画を立てておくことが大切です。

Comments are closed.