リノベーションで検索する賃貸マンション

中古マンションを有効活用したリノベーション賃貸が人気を集めています。家賃相場がリーズナブルであることはもちろん、立地や居室の広さが魅力的である物件が多いことが特徴です。室内をフルリフォームするだけにとどまらず、居室レイアウトを根本的に見つめ直し、建築年代のトレンドではなく現代の生活スタイルに合わせた空間を作り直していることから、メリットの多い物件となっています。賃貸マンションでリノベーションされている物件を選びたいと思ったら、まずはインターネットで「リノベーション 賃貸マンション」と検索したり、仲介業者にその希望を伝えてみて、好みの物件を探してみましょう。そして、ぜひ物件の見学をおすすめします。外観が少々古くても、室内はびっくりするほどお洒落…なんていう物件もあったりして、楽しいですよ!

リノベーションとリフォームの違いは?

リノベーションという言葉を最近よく耳にするのですが、そもそもリノベーションとは何でしょうか。よく似た言葉に「リフォーム」がありますが、これは古いものを新しかったころのものに戻す作業を言います。英語でreformは「悪状況のものを改良すること」という意味があり、壊れていたリ汚れていたりといった老朽化したものを治す営繕的な意味が強くなります。壁の張替や床の修繕などもリフォームですね。対して「リノベーション」は、既存の物件にプラスアルファの付加価値を付けて、より良いものにすることを言います。お洒落なデザインにしたり、間取りを変更したり、耐震性や耐久性を高めるのもリノベーションですね。つまりリノベーションは、既存の良いところを活かしながら老朽化を修復したうえで、借り手のニーズにより応えるようアレンジし、かつ安全性にも配慮する事と言えます。

自分でリノベーション出来る物件も

最近は、わざと古い物件をそのまま貸し出し、居住者によるリノベーションを自由に許す物件も見られるようになりました。こういった物件を選べば、賃貸マンションでありながら自分のスタイルをしっかりと反映した部屋作りが可能で、より愛着のある「自分の家」を作ることができます。こういった物件はまだまだ数が多いとはいえないうえ、DIY好きな入居者に人気が高く意外とすぐに借り主が決まってしまう傾向にありますので、見つけたらすぐに見学して早めに契約を検討したいものです。最近流行の海外製スティック掃除機は壁にネジ打ちが必要な掃除機スタンドが付属品になっていたり、省スペースを考えると壁掛け収納が便利だったりと、リノベーションが自由という条件は思っている以上にありがたいもの。退去時のことを考えると、壁へのネジ打ちなど賃貸住宅ではなかなか思い切ったことが出来ないことが多いですから、自由に空間を使えるのはうれしいですね。

Comments are closed.