リノベーションされた物件を探してみる

リノベーションされた物件は多くなってきています。入居者が集まらなかった物件をリノベーションした物件や、建物自体が古くなってきたため、基本的な構造のみ残し、間取りなどを魅力あるものへと変更したリノベーション物件など様々です。リノベーションの良いところは、元の物件の構造を残しつつ、見た目はまるで新築の様に見せることが出来るところです。基礎の構造を残すことで、内観の変更部分の費用のみで抑えることも出来るのです。そうすることにより、賃貸の場合は月々の賃貸費用を抑えることも可能になり、入居者が増えることが想定できるのです。最近では、あえてリノベーションされた物件を探す人もいるほどです。それは、その方が新築物件よりも家賃を抑えることが出来るということを理解しているからです。

リノベーションをするためにはどうすればいいか

実際に持ち物件がある場合で、その物件のリフォームを考えている場合は多角的な目線で物事を考える必要があります。なんでもかんでもリノベーションすればいいというわけではないからです。例えば、駅近くの物件の場合だとリノベーションしなくてもある程度の集客が見込めます。交通の利便性が達成されているからです。逆に、駅より離れており、公共交通機関も充実している場合はリノベーションをした方が良いと言えるでしょう。リノベーションする場合は、最近の人気物件の間取りなどのチェックも欠かせません。部屋数が多い物件よりも、部屋の間取りが広い物件が人気のエリアなど、それぞれのエリアの特性も把握する必要があります。こういった特性を把握した上でリノベーションをすることに決めたのであれば、あとはプロに相談をします。

リノベーションをした後のことを考える

リノベーションを依頼する先を決めたら後は工事期間などを打ち合わせし、いつからどのように展開をしていくかを考えておきます。何をどのようにしていくかということを具体的にしていくのです。そうすることで、目的が明確になってきます。家賃収入を上げたいという目的であれば、リノベーションした分の費用を上乗せしなければいけません。ですが、それだと立地条件がある井場合には入居者が集まりにくい傾向になってしまう可能性が考えられます。空き部屋を少なくしたいという事なのであれば、リノベーションした費用のみ上乗せにするとか、出来る限り家賃は上げない方向で考えるといったことも必要になってきます。入居希望者が入居しやすい条件、家賃に設定していくことが必要になってくるのです。そういった事も考えておく必要があります。

Comments are closed.