リノベーションとリフォームの違い

リフォームは、古くなった建物を新築の状態にすることです。賃貸アパートや賃貸マンションの場合は、入居者が退去した後、入居者が住んでいた前のきれいな状態に戻すことを言います。壊れたり、汚れたり、老朽化した部分を直したり、きれいにしたりすることを指します。外壁の塗り直しやキッチンの交換、壁紙の張り替えはリフォームに当たります。リノベーションは、現在の建物に大規模な工事をすることで新築の状態よりも性能を高めたり、価値を高めることを言います。リフォームがマイナスのものをゼロに戻ることを念頭に行われるのに対し、リノベーションは+αの機能を付け加える目的で行われます。間取り変更を含めて大規模に行われることが多く、古いアパートを現代の住宅事情に合ったものに変更したり、耐震や耐久性を高める為の壁の補修などもこれに含まれます。

リノベーションを行うことのメリット

最近は、中古住宅に新築物件以上の機能を持たせられるリノベーションが注目を集めています。リノベーションには様々なメリットがあります。間取りや内装など、自分好みの自由な設計を行えます。自分のライフスタイルに合った住みやすい空間や、こだわりの空間を作ることが可能です。自分の希望するエリアや条件の中で、新築物件や住みたい物件を見つけられるとは限りません。リノベーションを視野に入れると多少間取りが気に入らなくても変更が出来ますし、新築を購入するよりも費用も抑えられるので、自分の住みたいエリアの中でも物件の選択肢が増えます。最寄り駅からの近さや広さなどが同じ条件なら、新築よりもリノベーションの方が費用が安く抑えられます。新築よりも安く、自分の理想の住まいを手に入れられます。

リノベーションを行うことのデメリット

デメリットとしては、築年数が古い為、現在の耐震基準などが現在の法律を満たしていない場合があり、法律を満たす為に耐震工事をすると逆に費用がかさんでしまう場合があることです。特に1981年6月に耐震基準が見直しになった為、それ以前に建築確認を受けた物件は、現在の耐震基準に満たしていない可能性があり、注意が必要です。新築物件や中古物件を購入した場合は、購入して引渡が行われればすぐに住めますが、リノベーションは引渡までに建物検査、設計、施工の時間が必要なので、入居までに時間がかかります。急いで入居したい場合には向きません。中古物件を購入し、リノベーションする場合は、住宅ローンよりもローンの金利が高いリフォームローンを設定しないといけません。購入後に工事が始まるので、工事期間中は家賃の二重払いが生じる場合があります。

不動産活用などを成功させるためのサービスを提供! メールでのお問い合わせは24時間承っております。 エイブル保証では、不動産活用や賃貸経営を成功させるためのサービスを用意しています。 一級建築士事務所としても登録しております。 我々の会社の主力商品・サービスは不動産物件の賃貸や管理などで、幅広い地域の不動産物件を取り扱っています。 ニーズにあったリノベーションサービスをご提案

Comments are closed.